上場企業の基本

上場企業を理解するためには、まずは上場の「場」とは何かを考えることが大切です。

それは株式市場のことを指しています。

要するに株式市場に上がっていて、証券取引所での株式の売買ができることを「上場」と呼んでいるのです。

ですから上場企業とは、そのための株式を発行できる企業のことなのです。これが上場企業の最も基本的な知識です。

また、法人登記されている国内企業は約250万社くらいと言われていますが、株式を上場しているのは約4,000社程度なので完全に少数派です。

非上場の多くは、規模の小さい企業ですが、中には有名な大手企業でも非上場は少なくありません。

その場合、株を購入できるのは経営者や従業員、それに取引先など、一部の関係者だけです。

そのような企業は一般投資家は株主として経営に参加できませんので、独自の経営方針でビジネスが出来るメリットがあります。

しかし上場企業なら新株を発行し、広く一般投資家から事業資金を調達できますし、企業の知名度や信頼度の向上にもプラスになります。

ただし上場するためには、発行済み株式数や株主数、それに自己資本や利益など、一定の基準を満たしておかなければなりません。

ちなみに東京証券取引所や名古屋証券取引所には、第1部市場と第2部市場があります。

第2部市場よりも第1部市場のほうが、基準は厳しくなっています。

企業の立場で考えると、1部上場のほうがステータスが高いと言えます。

それは、より厳しい基準をクリアして上場が認められたことが理由の一つなのです。